神大航空部の日常

日替わりで部員がそれぞれ日記をつけます。

【249発目】久住山岳滑翔大会最終日

こんにちは(*゚∀゚)っ2回池田です!いよいよこの滑翔大会も最終日となってしまいました。この一週間、とても短く感じますね。ではでは、本日のブログを書いていこうと思います。

まず、ランウェイに出た直後はいつも通りの雲低待機。9時30分頃に発航開始となりました。まず、ラウンド3の選手が7人ほど残っていたので、ラウンド3に決着をつけてラウンド4は飛ばせるところまで飛ばして採点は行わないという方針になりました。私もなんとかラウンド4を飛ぶことができました。私の前に飛んだ機体は滞空できていたのですが、それにサーマルを食われたのか特にサーマルを見つけることもできずに帰還となりました。ですが、久住の雄大な景色を競技じゃないゆとりのあるコンディションで堪能できたので良しとしましょう。

昼食後は、閉会式となりました。優勝したのは九州大学の阿部くんで私は9位となりました。ラウンド3で私はあまり滞空できなかったのですが、阿部くんは300m程も獲得してました。そこで、差がついたのだと思います。また、上位入賞組はほとんどが関東勢だったので新人戦でリベンジしたいと思いました。

その後は宿舎に戻り、BBQで打ち上げをしました。この一週間、他大との親睦を図ることもできましたし、自身のフライトの意識向上にもなったので、非常に有意義な大会だったと思います。では、本日はここら辺で閉めようと思います

スポンサーサイト

PageTop

【248発目】久住山岳滑翔大会5日目

2回、池田です。

本日は前日晩から降り続いていた雨の影響でランウェイのコンディションがよくなく、午前中は宿舎待機となり、各自思い思いの時間を過ごしました。

昼食後も雨が降り続いており、みんなで観光に行くことになりました。杖立温泉、黒川温泉、ガンジーファーム、阿蘇山、高千穂、格納庫に分かれ、私は阿蘇山に行きました。実は、前に航空部のメンバーで阿蘇山には行ったことがあるのですが、そのときは霧がひどくて何も見えなかったのでリベンジも兼ねていくことにしました。行った直後は少し霧がかかっていたのですが、展望台に登る頃には霧も晴れて阿蘇の雄大な景色を堪能できました。また、展望台付近ではラジコンのグライダーを飛ばしている人たちがいて、私たちが飛ばしているグライダーとの違いなど、興味深い話を聞くことができました。
その後、阿蘇の麓に降りて牧ノ内温泉という温泉街に行きました。久住の温泉はヌルヌルした泉質なのに対し阿蘇の温泉は割りとサラサラしてました。

今日は一日リフレッシュすることができたので、明日の最終日、頑張りたいと思います。

PageTop

【247発目】久住山岳滑翔大会4日目

どうも、2回池田です。

ランウェイに出た直後は雲底が低くなっており、機体を組み終わった後には雲底待機となってしまいました。9時頃から雲底が上がってきましたが、南風のため昨日と同様ピス交を行いました。午前中に私はフライトできましたが、特にサーマルを見つけることもできず、獲得高度0mのまま帰還してしまいました。
2017050415315928a.jpg


午後からは横風が強くなり待機する時間の方が長かったと思います。また、17時頃から雨が降る予報が出ていたので16時頃から撤収作業を開始しました。
後半は天気が悪くなりそうですが良い成績が出せると良いなと思います。

PageTop

【246発目】久住山岳滑翔大会3日目

こんにちは、2回池田です。

本日は一日中南風だったので最初にピス交をしなければなりませんでしたが、天候が悪くなることもありませんでした。そのため、滞空ができる選手も現れました。

かく言う私も、1roundでほぼトップとなる37m高度を獲得し、2roundでは200mも高度が獲得できました。普段とは違い高度がどんどん上がっていく様子は格別でした。まだまだサーマルを見つける方法は確立しておらず運によるのも大きかったですが貴重な体験ができたと思います。

PageTop

【245発目】久住滑翔大会2日目

こんにちは、2回池田です。

本日、午前中は先日と同様に横風待機が続きました。午後になると風も弱まり、慣熟フライトを進めることができました。私も、飛ぶことができ、久住の雄大な風景を満喫できました。地上から見ると林で見えなかった所も、上空から見ると意外と草原が広がっていたり新たな発見をすることができました。また、久住は坂道になっているので着陸時に、いつもより引き起こしを大きめにしなければならない等、久住特有の技術も必要とされました。

また、1日の終わりには温泉に行くことができるのが久住の良いところでもあると思います。
20170504153158b38.jpg

PageTop